チーズケーキの思い出

数あるブログの中から幣サイトを見つけてお立ち寄り頂きまして誠に有難うございます。


高校生になってからはよく働いたなぁ。



なぜだかSNSでれんたるおばさんのフォローをして下さっている方々は、裕福なご家庭で育った人が多いのかな、、、学校も私学出身の方も多いようです。

従って、まず校則でアルバイトは禁じられていたかと思われます。

cheese.jpg

実はれんたるおばさんの家は、5才くらいまでは家政婦さんがいたようなところでしたが、諸事情あり家が傾き、私が小学生高学年にあがる頃には子どもでも自立を考えるようになりました。(ある意味、こどもらしくないな)

まぁ、祖母や父には愛情をかけてもらい、ごはんが食べられないほどではありませんでしたが。



で、今のようにアルバイト情報誌がないので、高校生になったら自分でお金を稼ぎたい(⏪まだ家計の足しなどは考えていず、当時流行っていた東京デザイナーズブランドを買うために、です。)と思っていたれんたるおばさんは、校則が緩いのをよいことに、なんと!自転車で貼り紙を見て回りました。

*『東京デザイナーズブランド』がわからないお若い方々はお手数ですがWEBで調べて下さいませ。

いわゆる仕事探しです。



最初のアルバイトはお弁当屋さんで、素手で揚げ物をパックに入れろと言われ、火傷したりし、今では考えられない衛生面とパワハラ。

その後にアルバイトをした場所の方々は、とても親切にして下さり、長く続きました。



通っていたのはれんたるおばさんの頭の出来と自宅から自転車で通える範囲にある学校で、需要と供給がマッチしていて、授業が終わると猛ダッシュで自転車でシャー!

家で夕食を5分でかっこみ、また自転車でバイト先にシャー!

この間40分くらい?

かなりのスピードです。



バイトが終わっていつも楽しみにしていたのが、フツーの何の変哲もない洋菓子屋さんでレアチーズケーキを一つだけ買って帰ることでした。

今は商店街のケーキ屋さんでさえ、有名なパティスリー並みの技巧的な美しい作品のようなケーキがたくさんありますが、そんな時代ではありませんでした。

帰り、自宅を通りすぎる距離でしたが、閉店間際のすべり込みセーフで買って行くのです。

当時のアルバイトの時給の半分が消えていたかもしれなくて、バカだなぁと思うのですが、それが日課でした。

昔は甘いものが苦手なれんたるおばさんでしたが、チーズケーキだけは好きでしたね。



ちなみに原付バイクの免許を取得してからのアルバイトの帰りのおやつの買い食いは、海老マヨネーズのお持ち帰り巻き寿司に変わりました。

わざわざ遠回りして買いに行っておりました。(←食いしん坊万歳!・・・という番組が昔ありました。昭和ギャグをすみませんっ!)

そんな頃から海老マヨネーズが好きだったのだなぁ。

確か350円くらいでしたよ。

当時の物価のほうが今より高かったのかもしれません。

高校生のやるこっちゃないですよね!(今の高校生はお友達と賢くいろいろな工夫をしてシェアするようで、おひとり様でこのようなことはなさらない。)

こちらはレアチーズではないですが、そんなことを思い出しました。



皆様、素敵な一日をお過ごし下さいませ。


いつも応援有難うございます☆

ポチっとして頂ければ有難いです!励みになります!

↓    ↓     ↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク