こども

数多あるブログの中から幣サイトを見つけてご閲覧下さいまして誠に有難うございます。


皆さんは本はお好きですか?

れんたるおばさんは「一日中本を読んでいていいよ。」と言われたらいくらでも読めるくらいに読書が好きです。

但し、世の中「本を読むのが偉い!」といったような考え方を述べる人が多いものですが、れんたるおばさんはその考えはあまり好きではありません。

「ただ好きだから読む」

それでよいのではないでしょうか。






さて、図書館に行って参りましたが、そこは蔵書が少ないので何冊も借りたいものがありません。

こちらはタイトルに惹かれてお借りしました。

rentaru.jpg


内容や読書感想文を書こうかと考えもしましたが、そこは人様にお任せして・・・

この方の説明が簡潔でわかりやすかったので、リンクさせて下さいね。(問題があれば削除致します。ご一報下さいませ。)





作中の「レンタルパパ」というのは言葉の雰囲気が似て非なりで、一昔前に話題になった「レンタルおじさん」というのとは違います。

(この「レンタルおじさん」の名称をめぐって、いろいろとありましたね。)

ちなみにれんたるおばさんは「レンタルおばさん業」を営んでおりますが、その業務内容・お客様からのご依頼は様々です。

たいていは「家事代行サービス=(イコール)レンタルおばさん」という世間一般からみた認識かと思われます。

一方、「レンタルおじさん」のイメージは「カラオケにお付き合いする」「お話相手になる」等でしょうか。

ドラマ「ゆとりですがなにか」で吉田鋼太郎さんが演じられたような感じなのでしょうね。

そういえばおじさんではありませんが、「10円で東大生をレンタルする」というものもありましたね。







ただレンタルおじさんの場合、副業の方が多いのではないでしょうか。

副業といえば、れんたるおばさんは「木村家の人々」という映画を思い出します。



家族一丸となってお金を稼ぐことに夢中になっている木村家。

「バブル期の日本を舞台に、異常に金銭に執着する一家を明るいタッチで描いたコメディー映画」とWikipediaで概要がありますが、木村家の人達がいろんなアイディアをもってして、「副業」をしているのです。

なかなか起きられない人のためにモーニングコールをして差し上げるお母さん役は桃井かおりさんでした。



閑話休題。



さて、この写真の本ですが、いささかご都合主義なところもありますが、とても素敵な内容でした。


本当にね、ネグレスト(ネグレクト)したりするのなら、初めから作るな、産むな!の親が多すぎる!


れんたるおばさんはこのことについても自身の経験があるので、また機会があればこちらで話せたらなと思います。



しかし、良いことがありました。


帰りの車、道にファミリーレストランのデリバリーのバイクが変な停め方をして通ることができなかったので、運転手さんがクラクションを鳴らしました。


その時近くにいた幼児達数名が慌てて必死で誰かに何かを訴えようとしては困った顔をし、それが何度か続きました。

なかなかバイクの持ち主が現れず。




数分後(待たされた)バイクをようやく動かして下さった配達の人、すみませんの会釈もせずに行ってしまいましたが、子供達はぴょんぴょん跳ねて何やら嬉しそうにしていました。

どうやら子供達が必死でそのバイクの持ち主に声をかけ、呼んでくれていたようでした。




そして、中にいたいちばん小さい2才児くらい?れんたるおばさんは赤子を産んだことがないから大きさがわからないのですが、、、その男の子が車中のれんたるおばさんに親指を出して「僕達良いことしたでしょ!やったね!」みたいに「いいね!」

グッジョブ!




れんたるおばさん、実は子どもが少し苦手なのですが、あんな賢いお子達ばかりだと、いても気持ちがよいものだなぁと思いました。

嬉しかったです。

きっと親御さんの躾が良いのでしょうね。




それにしてもあんな年端もゆかないような幼児が人に気働きが出来て、あのデリバリーの人は大人なのに、なんだありゃ!




恥を知れ!(と言いたかったのですが、れんたるおばさんもう年なのでそういう言葉は飲み込む術(すべ)をいつのまにか習得してしまっております。めんどくさくなりそうですしね。)



本日もつたない文をお読み頂きまして誠に有難うございました。

皆様、素敵な一日をお過ごし下さいませ。




いつも応援有難うございます☆

ポチっとして頂ければ有難いです!励みになります!

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク

この記事へのコメント

スポンサーリンク