文字と日本人

数あるブログの中から幣サイトを見つけてお立ち寄り頂きまして誠に有難うございます。


瓶のラベルに大きく「〆」と筆書きされた地酒が到来した。

「しめ」という銘かと思ったらその下にローマ字で「Kejime」と書いてある。
kejime.jpg

「けじめ」は〆と書くのだったかと辞書で調べてみた。

そこで発見したことは「けじめ」に対応する漢字が無い、ということだった。

けじめを〆で表すのは、当て字だろう。

日本人が、昔から使ってきた言葉のなかに、対応する漢字を持たない名詞があるというのは寡聞にして知らなかった。

「きずな(絆)」「しがらみ(柵)」「うつ(欝)」など難しい言葉にも漢字がきちんと対応している、というのにである。

閑人の特権を生かして、文字を持たなかった日本人が漢字と出会った頃のことなどを空想してみた。

結果論から言えば、外国語(中国語としておく)のために働いている文字を日本語のなかに、よくまぁ、上手に取り込んだことよと、我々のご先祖様の理解力、決断力、そして勤勉さに裏打ちされた創造性に畏敬の念を持たざるを得ない。

多分、そのプロセスとしては、個々の漢字について、中国式の読み方(音)を学び、それが日本語のどの言葉に当てはまるか(訓)を調べていったのだろう。

ただ漢字はあくまでも中国語のための文字であり、日本語のための文字ではない。

それが最も明確に出てくるのは、日本語の格助詞(て、に、を、は等)を示す漢字が無いということだったろう。

中国語は英語などと同じく名詞の格は語順で決まるので、格助詞は使わない。

我々のご先祖様はその問題も自分たちで見事に解決した。「て、に、を、は」という音をもつ漢字を格助詞として使うことにしたのである。

また、漢字はその成り立ちが表意文字なので、意味を表すのには優れているが、音を表すには、本来向いていない。

そこで、日本人のご先祖様は、漢字を基にして音を表わす「ひらがな」を漢字の草書体から作り、さらに漢字の一部分を取った「カタカナ」をも発明してしまった。

まずは、仮名の発明によって、格助詞を仮名書きにするようになった。

さらに、漢字を基礎にした日本語を日本語らしく書き残せるようになった。

話を格助詞に戻すと、例えば「の」を示す漢字は幾つかあって、江戸時代には複数の「の」が使われた。

例えば「乃、能、濃、農」などの草書体が個々に使われたという。

「の」は乃からきた平仮名で、現在のようにこの文字に統一されたのは明治初期というのだから、そんなに昔のことではない。

さて、話を文頭に戻して「けじめ」に対する漢字が欠落しているという問題である。

その理由はいろいろ考えられ、どれが正解なのか分からないし、正解が複数あるのかもしれない。

空想を逞しくすると、中国人には日本語の「けじめ」に相当する言葉、つまり概念が無かったとするのも私の考える理由の一つである。

しかし、日本人は漢字にはない必要な概念を[国字]として創作し補ってきた。

「働」や「峠」、「畑」、「辻」など数多(あまた)の例が挙げられる。

「けじめ」にはこの国字さえ無い。

ということは「けじめ」という概念は日本人にも苦手な概念だったのかもしれない。



皆様、素敵な一日をお過ごし下さいませ。


いつも応援有難うございます☆

ポチっとして頂ければ有難いです!励みになります!

↓    ↓     ↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 22:34Comment(0)日記

チーズケーキの思い出

数あるブログの中から幣サイトを見つけてお立ち寄り頂きまして誠に有難うございます。


高校生になってからはよく働いたなぁ。



なぜだかSNSでれんたるおばさんのフォローをして下さっている方々は、裕福なご家庭で育った人が多いのかな、、、学校も私学出身の方も多いようです。

従って、まず校則でアルバイトは禁じられていたかと思われます。

cheese.jpg

実はれんたるおばさんの家は、5才くらいまでは家政婦さんがいたようなところでしたが、諸事情あり家が傾き、私が小学生高学年にあがる頃には子どもでも自立を考えるようになりました。(ある意味、こどもらしくないな)

まぁ、祖母や父には愛情をかけてもらい、ごはんが食べられないほどではありませんでしたが。



で、今のようにアルバイト情報誌がないので、高校生になったら自分でお金を稼ぎたい(⏪まだ家計の足しなどは考えていず、当時流行っていた東京デザイナーズブランドを買うために、です。)と思っていたれんたるおばさんは、校則が緩いのをよいことに、なんと!自転車で貼り紙を見て回りました。

*『東京デザイナーズブランド』がわからないお若い方々はお手数ですがWEBで調べて下さいませ。

いわゆる仕事探しです。



最初のアルバイトはお弁当屋さんで、素手で揚げ物をパックに入れろと言われ、火傷したりし、今では考えられない衛生面とパワハラ。

その後にアルバイトをした場所の方々は、とても親切にして下さり、長く続きました。



通っていたのはれんたるおばさんの頭の出来と自宅から自転車で通える範囲にある学校で、需要と供給がマッチしていて、授業が終わると猛ダッシュで自転車でシャー!

家で夕食を5分でかっこみ、また自転車でバイト先にシャー!

この間40分くらい?

かなりのスピードです。



バイトが終わっていつも楽しみにしていたのが、フツーの何の変哲もない洋菓子屋さんでレアチーズケーキを一つだけ買って帰ることでした。

今は商店街のケーキ屋さんでさえ、有名なパティスリー並みの技巧的な美しい作品のようなケーキがたくさんありますが、そんな時代ではありませんでした。

帰り、自宅を通りすぎる距離でしたが、閉店間際のすべり込みセーフで買って行くのです。

当時のアルバイトの時給の半分が消えていたかもしれなくて、バカだなぁと思うのですが、それが日課でした。

昔は甘いものが苦手なれんたるおばさんでしたが、チーズケーキだけは好きでしたね。



ちなみに原付バイクの免許を取得してからのアルバイトの帰りのおやつの買い食いは、海老マヨネーズのお持ち帰り巻き寿司に変わりました。

わざわざ遠回りして買いに行っておりました。(←食いしん坊万歳!・・・という番組が昔ありました。昭和ギャグをすみませんっ!)

そんな頃から海老マヨネーズが好きだったのだなぁ。

確か350円くらいでしたよ。

当時の物価のほうが今より高かったのかもしれません。

高校生のやるこっちゃないですよね!(今の高校生はお友達と賢くいろいろな工夫をしてシェアするようで、おひとり様でこのようなことはなさらない。)

こちらはレアチーズではないですが、そんなことを思い出しました。



皆様、素敵な一日をお過ごし下さいませ。


いつも応援有難うございます☆

ポチっとして頂ければ有難いです!励みになります!

↓    ↓     ↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 17:57Comment(0)日記

マスク騒動

数あるブログの中から幣サイトを見つけてお立ち寄り頂きまして誠に有難うございます。

「マスクが品切れで買えない!」
そんな噂がインターネット上で流れていますよね。
通販サイトで法外な値をつけているところもあるらしひ・・・。

コロナウイルスの問題以前から、中国ではゴーグルまでつけているそうですよ。
空気中の塵埃の問題ではなく、街中のあちこちに監視カメラがあるから。

れんたるおばさんは、ことわりもなしにスマートフォンで撮影しまくる背景にたまたま写りこんでしまうことがこわいです。
テレビカメラのニュース番組のインタビューなんか、ゾゾーっ!

ところで、こちらのマスクはとっても良いですよ☆

81699320_207721337027816_571020732804197508_n(1).jpg

尚、N95系のマスクを買わないで下さいね。
医療従事者は慣れていますが、そうではない人は息が苦しくなりますからね。


皆様、素敵な一日をお過ごし下さいませ。




いつも応援有難うございます☆

ポチっとして頂ければ有難いです!励みになります!

↓    ↓     ↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 10:44Comment(0)日記
スポンサーリンク