動物と人との共生について

数あるブログの中から幣サイトを見つけてお立ち寄り頂きまして誠に有難うございます。


我が家の敷地内に地域猫さんが身体を休めることができるように犬小屋を設置しているのですが、たまに「住んでる?」と思うような子もいて、「お家賃戴かなければ・・・。」と冗談を言うのですが・・・。

(2枚目の写真ご参照下さいませ。ちなみに彼の名は「どすこい」です。)
mujina-3.jpgmujina2-1.jpg

先日、朝この小屋の前に見たこともない大きな排泄物があって、「猪か?」と思って、中を覗いて見たら・・・アナグマがいました!
すぐさま家族を呼びつけ、逃がしましたが、グエグエ、ガウガウ吠えて恐かったです!

本心はアナグマにはもっと休んでいって欲しかったのですが、そばで地域猫が怯えていたので、仕方がありません。(しょんぼり。このしょんぼり気分をわかりやす~くわかりやす~く短く切った稚拙な英文にまとめてみましたよ。翻訳機能が正しく表示されているのか不安になることがあるから。あ゛ーあ゛。)

山の中の暮らし(現在仕事でお世話になっている場所)は地元の海側の家とはまた違ったドキドキの遭遇の連続である。







There is a kennel in my house.
I don’t even have one dog.
This kennel is set up for cats in the neighborhood to rest.
I’m surprised to see you here.
The badger was in this kennel.
” He has supplanted me. ”
The cat in the neighborhood was scared.
” I’m sorry, but you need to leave. ”
Anyway I want to let ” mujina ” take a good rest.
I guess you are very tired.
I couldn’t help it.
Symbiosis between animals and humans is a difficult problem.
It is time for each of us to ponder how we should coexist with nature.

Note: Mujina is an old Japanese term primarily referring to the Japanese badger. In some regions the term refers instead to the raccoon dog (also called tanuki) or to introduced civets.

追記:なぜ翻訳機能に神経質になるのかは、それはれんたるおばさんがいくつかの海外の動物関連のコミュニティに参加させて頂いているからです。

英語だけでなく、他の外国語についても気になっているのですが・・・。






コミュニティでディスカッションの閲覧をすることにより、動物愛護や行政・生活様式等、現在日本の置かれている現状を考え、高い動物福祉を例に、我が国も動物愛護の先進国になってほしいと切に願います。

但し、それは決して人間のエゴではない「動物本来の生き方」を無視したものでないことを望みます。


>>最近、このような記事を目にしました。
 

猫の避妊去勢手術は病気のリスクを少なくするという意味もありますが、坂東さんの死後、「人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない」と書いた彼女のイメージは良くなることがないまま、真意は闇の中に葬られました。
作家・東野圭吾さんの追悼文を信用するしかありません。

そして、この記事はインターネットとの正しい(「快適な」とした表現の方がしっくりきますかね?)付き合い方を考えさせられました。


本日もつたない文をお読み頂きまして誠に有難うございました。







いつも応援有難うございます☆

ポチっとして頂ければ有難いです!励みになります!

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 10:12Comment(0)日記

お悔やみ申し上げます

『料理の達人』でお馴染みの程さん、
>>突然の訃報 に驚いております。

 

筆者の家族、親戚とは同級生であり、仲がよかったのだそうです。

お悔やみ申し上げます。
スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 21:06Comment(0)日記

ファッション誌

数あるブログの中から幣サイトを見つけてお立ち寄り頂きまして誠に有難うございます。

女4.jpg

 

最近はあまり雑誌を買わなくなりました。

WEBマガジンもあるわけですし、ヘアサロンなどでも長時間たっぷりと読み込むことも可能。

また紙で読む場合も従来のサイズよりもかな~りのコンパクト版が各雑誌で出ています。







ところで、「最近の流行がわからない。不安。」と思った方はいらっしゃいませんか?

急な同窓会的なイベントがあったり、何を着て行ってよいのかわからない、自分がそうでなくても一応トレンドは知っておきたい等々、そんな方々はウインドウショッピングもおすすめですが、久しぶりに雑誌を買ってみたいが何を選べばよいのかわからない・・・


>>はい、こちらのような便利なお役立ちサイトがありましたねー!


ちなみにれんたるおばさんはあまり流行を追いかけませんが、こういった海外雑誌を取り寄せております。

>>TOWN & COUNTRY(タウンアンドカントリー)

残念ながら日本語版はないようですが、見ているだけでも目の保養になります。



皆様、素敵な一日をお過ごし下さいませ。







いつも応援有難うございます☆

ポチっとして頂ければ有難いです!励みになります!

↓   ↓   ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 22:08Comment(0)日記
スポンサーリンク