同じ作るなら

数多あるブログの中から幣サイトを見つけて下さり、ご閲覧頂きまして誠に有難うございます。



れんたるおばさんは、最近動画作りを楽しんでおります。

で、同じ作るなら・・・と、元々自撮りなどは苦手ですので、こちらを作ってみました。

殺処分ゼロを目指して。




本日はあまり出来が良くない動画を観て頂きまして誠に有難うございました。(苦笑)


皆様、どうかご無事で素敵な一日をお過ごし下さいませ。


現在被災地にいらっしゃる方には一日も早く元の平常の生活に戻られることをお祈り申し上げます。


ボランティアの方々等、出来れば犬や猫他の動物のケアも宜しくお願い申し上げます。
スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 12:01Comment(0)日記

持続可能な開発目標

e4307eb97070bd162136df5614d8722e_s.jpg
数多あるブログの中から幣サイトを見つけて下さり、ご閲覧頂きまして誠に有難うございます。



日本初の運賃無料で配車・運行をするサービスが話題になっています。

こちらはタクシー業界に衝撃を与えました。

それはどういうことかと申しますと、「広告収入でコストをまかなう」というもの。

他にもそういった内容のものが巷にあふれているものの、まさかまさかの目からうろこ!

運賃無料のこのサービスについては、本年5月に日本で最年少の企業家が参入を表明しました。

なんと!わずか15才の若手企業家です!

この表明で株式投資型CFにおいて、募集開始から僅か4分半で5千万円の資金の調達を果たしました。



そして、次はと申しますと、「ごみ箱を広告塔にする」という新たなサービスが出来ました。

それは企業の機密文書を無料で処理するという内容のものです。

今回も株式投資型CF、つまりクラウドファンディングで、過去最高の8千万円を超えた資金調達を完了しました。

なんとも素晴らしいではありませんか!



こと会社の書類というものは個人情報を含むものが殆どであり、それらを処理する際、シュレッダーにかけたり、溶解する処理を外注し、労力・コスト共に大変です。

ある企業は昨年秋に、契約している企業のオフィスに専用の回収ボックスを設置、溶解処理した後、古紙を再利用し作ったその会社のロゴが入ったノート、メモ等の紙類をノベルティーグッズとして提案。

必要に応じて発送するというサービスを始めました。
 
これは国連の「持続可能な開発目標」への貢献にもつなげることができます。

注:「持続可能な開発目標」Sustainable Development Goals
SDGs(エスディージーズ)


この機密文書処理サービスについては、産業廃棄物処理業者、大手宅配業者や警備会社が参入しています。

大手広告代理店も注目し、投資家の注目も集めました。

こうした株式投資型クラウドファンディングによって、世の中がどんどん変化してゆきます。

次はどのような「仕掛け」が登場するのか、目が離せませんね!



本日もつたない文をお読み頂きまして誠に有難うございました。


皆様、どうかご無事で素敵な一日をお過ごし下さいませ。


現在被災地にいらっしゃる方には一日も早く元の平常の生活に戻られることをお祈り申し上げます。


ボランティアの方々等、出来れば犬や猫他の動物のケアも宜しくお願い申し上げます。






スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 21:10Comment(0)日記

名言にホロリとくるお年頃

bigo-1.jpg

数多あるブログの中から幣サイトを見つけて下さり、ご閲覧頂きまして誠に有難うございます。




Today is the first day of the rest of my life.


「今日という日は、残りの人生の最初の一日である」



元々はチャールズ・ディードリッヒというアメリカの薬物中毒患者救済機関施設の設立者の言葉で、1960年代アメリカで流行した格言。


映画「アメリカン・ビューティー」のセリフにも使われています。




れんたるおばさんくらいの年齢(思春期ならぬ思期)になりますと、一日の終わりに「今日も無事で過ごせてよかった」と安堵するようになります。


お若い方々にはまだおわかりにならない感覚だと思いますが、皆様精一杯生きて下さい。


死ぬまで頑張りましょうね。


本日はなんだかそんなことをつぶやきたくなりました。



スポンサーリンク



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4452411151210300"
data-ad-slot="9944909062"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">





ちょうど今日、れんたるおばさんの地元関西では知らない者はないというくらいのおいしいパン屋さん『ビゴの店』のヴィゴさんが死去のニュースを知り、そんな気持ちになったのかもしれません。>>ニュースはこちら


ご陽気な性格で地元の人々に愛された人でした。


店舗は兵庫県芦屋をはじめとするいくつかと東京銀座にあるのでしたっけ?


お弟子さんが出されたのが「東京ビゴの店」ということになるのでしょうか。

他にも某ホテルのシェフなどがお弟子さんにいます。



本日もつたない文をお読み頂きまして誠に有難うございました。


皆様、どうかご無事で素敵な一日をお過ごし下さいませ。


現在被災地にいらっしゃる方には一日も早く元の平常の生活に戻られることをお祈り申し上げます。


ボランティアの方々等、出来れば犬や猫他の動物のケアも宜しくお願い申し上げます。




スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 22:20Comment(0)日記
スポンサーリンク