なるほど!そういうわけだったのか

b00ded3adde23d849b11f169d0c52255_s.jpg
数多あるブログの中から幣サイトを見つけてご閲覧下さいまして誠に有難うございます。



れんたるおばさんがよく立ち寄るコンビニがあります。

そこはとてもユニークなスタッフさんばかりなのでしょうか、こういった話があります。

下記は約1年前にあるSNSでれんたるおばさんが書いた投稿を加筆修正したものです。



                     記:



お手洗いに入ったらトイレットペーパーがふたつ並んでいて、ペーパーホルダーにそれぞれテプラで印字された文字が貼り付けてあります。

ひとつのホルダーには「今何が食べたい?スイ-ツ」

もう片方のものには「今何が食べたい?揚げ物」とあります。



「ああ、そういうことか!」と、れんたるおばさんは膝を打ちました。

リサーチか・・・。



畢竟(ひっきょう)つまり要するにツ!(笑)(←意味はお調べ下さい)

食べたいほうの商品が印字されているペーパーをがらがらと引き出し、使う。

ペーパーが少なくなっているほうがこの店の売れ筋・・・。



しかし、れんたるおばさんはそれを見てこう思いました。

「少しつめが甘いのでは?」と。

だって「なんだ、こりゃ!どっちでもいいしー!」とコンビニ側の期待に答えないお客様も多いと思われます。



そうつらつら考えていたら・・・

先日このテプラの印字が変わっていました。



「あなたがなりたいのは?」

「栗原類」or「魚類」



え゛え゛?!

ふざけすぎてはいませんかぁ~?

真面目にとらえていたのは私だけ~?

こりゃあ一本とられましたわー、おばちゃん。(笑)



で、今日そのお店に行ったら・・・

「食べるならどっち?」

「くさや」or 「床に落ちて2秒」




くさやって・・・また・・・。

若者は知っているのかな?

れんたるおばさんも食べたことないわー!

床に落ちて・・・って、イマドキこの「なんでも除菌しなければレバレバー」な衛生面過剰大国ニッポンにて・・・ですかい?

単純に笑った。



で、このお店、あったかいんですよ。(ハートウォーミング

一時期れんたるおばさんはストレスから起因する過食で、から揚げ的なものばかりこのお店で買っていて、その日も買った。

だが、帰宅してそれが入っていなかった。

電話した。

せこい?(笑)

そしたら次回行った時に返金するという。



で、行った。

そこへ商品を入れ忘れた女の子の店員さんが「どうもすみませんでしたっ!」と、まだ返金手続きは後回しと考え、今日の買い物を物色していたれんたるおばさんのところにわざわざやって来て・・・である。

なんだか嬉しかった。

コンビニなんてたくさんお客様が来るし、全ての人の顔を覚えるの大変じゃないですか・・・。

れんたるおばさんの顔を覚えていてくれたことが単純に嬉しかったですね!




で、そのお店に行く度、他のスタッフの方々もれんたるおばさんの顔を見る度、「揚げ鳥、今揚げたてですよ!」とご丁寧にちょい迷惑なぐらいに大きな声で合唱(!)されるのだ。

恥ずかしいからやめてーーー!

もう過食治ったから。



あなた方って一体?

揚げ鳥でコンビニ名わかりましたね?

いやいや、褒めているのよ。



またそのお店にはつばめの巣があったり。

傘を逆さに置いてあげているんだよね。

いつも楽しくて優しい気持ちにさせてくれて有難う!

コンビ二も笑わせてくれるし・・・ハイ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、いうような内容でしたが、実はこのお話にはさらに後日談がありまして。



スポンサーリンク










数日前、久しぶりにTVを観る時間が出来まして。(れんたるおばさんは何かと忙しくてここ半年以上ほとんどTVが観られない状況です。)

「今でしょ!」でお馴染みのあの予備校の先生が司会をされる番組を観ておりました。




すると、このようなことを知りました。

「パン屋さんでは試食をしてくれないことが悩み」とするお店がたくさんあるのですって!

それも全国のパン屋さんが長年抱えてきた問題だというではありませんか!




これはどういうことかというと、試食に対して後ろ向きな人が多いからということになりますが、それは「返報性の原理」というのだそうです。

つまり「試食したら買わなければならない」という考えがお客様の気持ちの中にあるからだというのです。




そのことについてどうしたものかと悩むパン屋さん。

その悩みに救世主が現れました!

仕掛けをしたのは大阪大学の松村真宏教授。

おおー!れんたるおばさんも大阪出身だぞい。

その大阪が誇る学校じゃないですか!

すごい、すごい!!(←単純)




さて、その仕掛けとは?

パン屋さんの店内で、二つくらいの種類のパンを用意。(まぁ三つでもよいと思うのですが。この番組では二つでしたね。)

「どちらが好きか」

例えばAとBといったように好きな方に爪楊枝を入れて頂く小さな箱(何でもよいですが)を置いておく。

そして、お客様が試食をし、爪楊枝を入れて頂くことによって投票制のシステムが出来る。

それを考案されたのが、松村教授。




これは単なる試食だと「買わなければならない」と思ってしまいがちだが、アンケートに協力する形ならお客様は試しやすいというものです。

そんなわけで、パン屋さんが長年抱えてきたお悩みも解消。

試食率UP!

アンケートから得たデータでより良い商品をまた作ることが出来る。




あれ?

このお話どこかで聞いたような???




そうです!

前出でれんたるおばさんが書いたコンビニのお話にそっくりです。




なるほど~!そういうわけだったのか!




しかし・・・

だったらあれは何のためにテプラを貼っていたのでしょうか?





「あなたがなりたいのは?」

「栗原類」or「魚類」




「食べるならどっち?」

「くさや」or 「床に落ちて2秒」






謎が深まるばかりです・・・。




*本日の話題はれんたるおばさんが観た番組を同じように観ていた人にはごめんなさい。




現在被災地にいらっしゃる方には一日も早く元の平常の生活に戻られることをお祈り申し上げます。

ボランティアの方々等、出来れば犬や猫他の動物のケアも宜しくお願い申し上げます。




本日もつたない文をお読み頂きまして誠に有難うございました。

皆様、どうかご無事で素敵な1日をお過ごし下さいませ。




















スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 09:49Comment(0)日記

ねずみさんランドの勢いはとどまるところを知らない

disiny-1.jpg
数多あるブログの中から幣サイトを見つけてご閲覧下さいまして誠に有難うございます。



以前もれんたるおばさんが他で運営しているブログで書いたことですが・・・

性格の悪いことを綴りますが、れんたるおばさんはミッキーマウスというキャラクターがあまり好きではありませんでした。

これはあくまで個人的な好みの問題でありますので、ミッキーファンの方々にはご気分を害されたらごめんなさい。

けれども、日本にディズニーランドが出来た当初、真っ先に行きました。

国内ではそれっきりです。(笑)



れんたるおばさんの母親はとても変わっている人で、子供の頃、お友達はよくある国産の子供用自転車に乗っているというのに、私に与えたものはなぜか折りたたみ自転車でした。

舶来のものだったのかは覚えていません。

そんなデザインであったことだけは記憶しています。

そのことはいまだに意味がわかりません。



そんな母親が私に買ってくれたニットキャップがこちら。

昔は「正ちゃん帽」などと呼ばれていたそうで?

「しょうちゃんって誰?」



人様はれんたるおばさんを見て「顔が小さい。」などと言って下さるのですが(とっても嬉しい。)頭が大きい。

ハチが・・・。

だけど、まだこれ、入るんです・・・。

あまりかぶっていなかったのでしょうねぇ・・・比較的きれいな状態のまま。



ちなみに小学校の修学旅行で使うボストンバックは、お友達のみんながサンリオキャラクターを持つのが多い中、私のものは「トムとジェリー」のなんともいえないグレーとも呼べない灰色のバックを与えたのもその母でした。

まさにねずみ色・・・。

みんなは薄いピンクや水色のバック・・・。

「なぜ、ねずみは私を不快にさせるの?」なんて思っておりました。



そんなれんたるおばさんの思いとは裏腹に「東京ディズニーランド、略してTDLっていうのだそうで?」(というくらい無関心でおりました。本当にすみませんっ!!)ディズニー熱がフィーバー(←古ぅ~)し続けて、もうどのくらい経つのでしょう?



そんな中、TDSこと東京ディズニーシー(以下TDSと略す)は6月に大規模拡張プロジェクトを発表されたそうで?

これはTDSが世界的にも大人気であることゆえに起きる混雑がお客様の満足度を低下させていることで、それが経営の重要な課題となっているのだそうで、それを緩和するには物理的に・・・という理由からなのだそうです。

ちなみにTDRは「東京ディズニーリゾート」の略なのだそうですね!(←「今さら何を言いやがる?」とご指摘を受けそうなのですが、前出のとおりのれんたるおばさんのことですので、お許しを!)



関係者などからは「TDL」「TDS」に続く第3のテーマパークが出来るのでは?と、まことしやかに囁かれ、噂されていたようですが、結局のところTDSの拡張に落ち着いたのだそうです。

れんたるおばさんはこの手のことに非常に無知でお恥ずかしいのですが(やはり「人ごみが苦手!」というのが一番の理由)今回の拡張と新たに開設されるアトラクションで、これまで以上に、より「大人も子供も楽しめる」ようになるのでしょう。



本日の記事の本文がれんたるおばさんが「よく知りもしないくせに・・・」で綴ってしまい、これで終わらせるわけにはゆきません。(苦笑)

ハイ、ここからがれんたるおばさんの本領発揮?!



スポンサーリンク








所変わってニューヨークのディズニー話題をひとつご紹介致しましょう!

皆様・・・特にディズニー好きの方にとって、限定商品をプレゼントされたら、もう「ヨダレもの」ではないでしょうか。

特に海外の限定商品をお土産に差し上げたら、マニアさんにとっては飛び跳ねて喜んで下さるには違いありませんね。



あ!

ここで「なぜれんたるおばさんの本領発揮なの?」と、改めてお気づきになられた方には、お気に留めて頂いて恐縮でございます。

しかしながら・・・そのお話はまた別の機会にさせて頂くとして(←「なら言うな!」アハハー!)



こほん。

話を元に戻します。



タイムズスクエアの一等地に店舗を構えるディズニーストアがあります。

「ワールド・オブ・ディズニーストア」といいます。

ニューヨーク限定のディズニーキャラクターはこちらでしか買えません。

例えば「自由の女神のミニーちゃん」のぬいぐるみなどは、世界各国からたくさんの人達がわざわざ買いに来られるのだそうです。

限定品は1階にあり、「自由の女神シリーズ」にはノート、Tシャツ、バッグ他いろいろとあります。

もし宜しければ(れんたるおばさんはマワシモノではありませんが)旅行に出かけた方は現地でGETしてみて下さいね!

ディズニーファンの方へのお土産にもいいですよ。

但し、海外のディズニーストアは子供向けの商品が大半を占めており、わが国のような豊富さには欠けるので、そのあたりはお気に留めておかれたほうがよいでしょう。



そういえばお話は脱線致しますが、米国ではなく、ヨーロッパ某国では日本のベーカリーショップのようにたくさんの種類のパンを置いていないため、旅行でこちらに来た観光客の方々は目を丸くして驚いたそうです。

パンだけでなく、何かにつけ、特に大都会東京では本当に「何でもあって」「かゆいところに手が届く」街となっています。

微細なこと、ちょっとした差異にも常に敏感であらねばならないような・・・。

人もそうです。



そんな場所に観光ではなく、留学で来た人達はこう思うそうです。

「24時間中、刺激があって楽しいし、何でも売っているけど、新しいものが出来たり発売されるサイクルが速過ぎて、それら全てを買えない自分がなんだか貧乏になったみたい。」(な錯覚を起こす)

留学が出来るくらいですので、決して貧しくはないのだと思われますが???



「これまで見たことがないテーマパーク(実質、拡張の中の新設アトラクション)を作りたい」と息巻いている東京ディズニーランドの経営陣。

どこの国も大変ですが、特に都会特有の?経営戦略には大変なご苦労もおありかとお察し致します。

これからのTDRが大きく変わり、もっときめ細やかなサービスを提供し続けることでしょう。

お客様の「満足度のハードル」がどんどん上がってゆき、課題は山積みとなることは間違いありません。

しかし、あのねずみさんたちのご活躍に今後期待致します、ハイ。(笑)



現在被災地にいらっしゃる方には一日も早く元の平常の生活に戻られることをお祈り申し上げます。

ボランティアの方々等、出来れば犬や猫他の動物のケアも宜しくお願い申し上げます。




本日もつたない文をお読み頂きまして誠に有難うございました。

皆様、どうかご無事で素敵な1日をお過ごし下さいませ。



「あ!そうそう!れんたるおばさんは昨日から英会話のブログを開設致しました!」(少しヒントになりましたか?)

アハハー!

















スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 08:00Comment(0)日記

レンジでチンで出来るレシピ

868a9115ed2da5b6a2c0c97759ea8188_s.jpg

数多あるブログの中から幣サイトを見つけてご閲覧下さいまして誠に有難うございます。



毎日暑いですが、自炊をされていらっしゃる方はキッチンに立つのもイヤになりません?

そんな時、レンジを上手く利用したお料理をおススメ致します。



最近ではその手のレシピ本がたくさん出ており、れんたるおばさんもそれを参考にさせて頂き、とても役に立っております。

その中でも煮ふくめるのに時間がかかるものが、わずか10分ほどで出来るおかずをご紹介したいと思います。


広告





<高野豆腐の煮物> 

材料(2人分)

高野豆腐 2枚

調味料

塩 小さじ3分の1

しょうゆ 大さじ2分の1

ごま油 小さじ1

水 大さじ4

顆粒中華だし 小さじ1


作り方

1. 高野豆腐はぬるま湯に5分ほどつけてもどす。
  手で静かに崩さないよう水気をしぼる。
  4等分にする。(切る) 

2. 耐熱の容器(タッパーなど)に入れて、上記材料の調味料を全て加える。

3. 2の容器の上から「ふんわりと」ラップをして、レンジで3分加熱をする。

4. そのまま冷やす。

5. お好みの器に盛って出来上がり~♪

*冷蔵保存で4~5日もつそうです。(しかし、出来ましたらお早めにお召し上がり下さい。)



スーパーマーケットの高野豆腐の煮物は甘すぎませんか?

しかし、あまり作らない人が多い高野豆腐。

これならしっとりと出来上がり、甘いものがお好みでない方もお気に召して頂けそうです。

お試しあれ!



れんたるおばさんは関西出身者ですので、是非とも<高野豆腐の炊いたん>としたかったのですが、「炊いていないからナー。」と。

煮てもいないのですが。(笑)



現在被災地にいらっしゃる方には一日も早く元の平常の生活に戻られることをお祈り申し上げます。

ボランティアの方々等、出来れば犬や猫他の動物のケアも宜しくお願い申し上げます。



本日もつたない文をお読み頂きまして誠に有難うございました。

皆様、どうかご無事で素敵な1日をお過ごし下さいませ。



スポンサーリンク
posted by れんたるおばさん at 08:00Comment(0)日記
スポンサーリンク